ひむかいブログ

漫画やアニメ、ツクール関連でなんかぼやいています

放置してすんません・・・

気が付いたら三か月近くブログ放置してしまっていた・・・

こりゃもうぶっちゃけ倦怠期に入ってしまったのかな。

もう何も言い訳ができません。。

 

ところでわたモテ感想ですが、

ガンガンon-lineでの掲載が二週遅れになってしまってから、

なんか周りから取り残されてる感があって

感想書く気が一気に萎えてしまったので、

こっちはもうこれ以降、感想記事を出す事はないと思います。

うちはまだガラケースマホは全く分からないから

最新のやつは見れないし、これのためにスマホ契約までする気にも

なれないとですよねぇ・・・(´・ω・`)

BORUTO再放送を見ましたのだが…(語彙力)

コロナの影響でいろいろなアニメが延期されている状況の中、

とうとうBORUTOもその影響を受けて急遽、一話からの再放送になりました。

 

ビデオ予約で今までの流れでたまたま録画されてたもので、

一度は既に見たやつなのでそのまま消そうかなと思いましたが、

二年以上前でかなり期間が空いているのあって、

最初はちょっとした興味本位で視聴したのですが・・・

一度みたものにも関わらず、ぐいぐい惹きつけられてしまいました。

こんなこと言ってはなんだが、改めて見ると最近のBORUTOと全然違う・・・

 

まず、なんというか動きが全然違って、移動する動きで比べてみても

最近のはただ忍者走りしながら時折ピョンピョンするだけなのが大半ですが、

初期のBORUTOは、飛び移るのにも状況によってクルッと回転して

その反動で次の位置に移ったり、柱とか障害物を掴んで停止したりとか

すっごい動きが凝ってたりと、とにかく素人目に見ても全然違ってます。

 

それと第二にキャラの個性。まずいのじんで例えてみても

最近のいのじんはちょっと気弱なごく普通の少年って感じで

すっかり存在の薄いキャラになっちゃってますが、

初期の頃は、毒舌で妙に強気でかなり個性が強くて

結構印象に残るキャラで、なんかもう全然違うなぁって感じでしたね。。

今のBORUTOって、主役となるボルト班以外の班の人間が、

個性が薄くなったどころか、出番すら極端に少なくなって、

今ではもう一話完結のショートストーリーでしか見る機会がないという有様で…

なんかもう、素材は豊富にあるのにすっごく持て余している感じが

見て取れて、すごくもったいない気がします。

 

シカダイ一体なんのために中忍になったのだろう・・・

それとどうにも腑に落ちないスミレ脱退の強引な流れ・・・

特にこの二人、前作のNARUTOのサスケパートやシカマルパートみたいに

一時的に主役交代して別パートで本編にも絡んでくるくらいの

重要な立ち位置にあるように見えたのに、

今はもうなにもかもが完全にボルトとボルト班だけに集約していて、

もうずっとボルト中心で話で進んでいる反面、

他の同期の班のメンバーはだんだん空気と化していて、

それが実にもったいないし、何よりちょっと悲しくなってきます。。

 

あと最近のBORUTO、今になって漫画の話に沿って進んでいく流れに

なったみたいですが、それだともう、別の班のキャラは

シカダイ班以外完全に出番なしってことが確定してますよね。。

実は漫画は完全にノータッチなので断言はできないのだけど、

当初はアニメと漫画は別物として、アニメから登場したキャラは

基本的に漫画には出てきてないと思います。

 

そして話もアニメとは導入が違うものになってて、

ちらっと漫画にでてきたスミレも、当初アニメ版で深く関連していたキャラだから

特別にゲスト出演したって感じの扱いだったのか、当初漫画18話で

登場したという話を聞いて以来、検索してもそこからの情報が全くありません。

 

もうこの先スミレやイワベエ班をはじめ、ホウキ班、鬼熊エンコ班、

そして女サムライ班が本編に関わることはまずない事が確定しているので、

なんかもうこの先の楽しみがほとんどなく、かといって、

つまらないって程でもなく、ボルトメインでもそこそこ興味は惹くので

ここまで見た時間を無駄にしたくないから惰性で見るって感じになりそうです。

ただ、今の流れがこの先も続くのなら

もう感想記事にすることはないのだろうなぁ・・・と(´・ω・`)

 

とにかく今回のBORUTO再放送で、初期と今とでは

中身が全然違う事を改めて実感されられたのでした。。

コロスウイルス対策に関して

とうとう緊急事態宣言が出されたわけだけど

冷凍食品製造関連の仕事している会社は特に何も変わらず通常稼働です。

 

てかむしろ、備蓄しようとする流れになっているのか

通常よりも冷凍食品の需要が増えているとかなんとか・・・

でもマスク製造関連の仕事している人は

もっとそのあおりを受けているんでしょうなぁ。。

何か話題を・・・

今更ですが最近全国的にマスクが不足していますな。。

 

でも自分の近所はわりと田舎なので

ごく前まではまだ普通にマスクは売っていたのですが、

つい最近、とうとううちの近所の店でもマスク売り切れの表示が・・・

 

で、別にほしいわけでもなかったけど

興味本位でネット販売やオークションされてるマスクを調べてみたら

なんか金額がひと箱だけで5000とか10000以上の値段がついてて

なんというか、異常な状態になっている現状。。

 

でも自分、どっちかというとマスク嫌いで

一応何年か前に買ったひと箱60枚入りのやつが

まだ余裕で残っている状態で、

なんかいまいち現実感が沸きませんです。

 

今のような、風邪やインフルエンザが流行っている時期は

自分的には徹底的なうがいと手洗いをメインにしていて、

どっちかというと、マスクよりうがい薬で対策している派です。

自分にとってマスク使うときって、

家の掃除するときくらいですかねぇ・・・

回復術士のやり直し 21~23話まで

f:id:himukai_yk:20200208152223j:plain

中身がケヤルじゃなかったらすごく好みなキャラになり得たのにな

なんか久しぶりな感想になってしまいました。。

 

・・・今やっているブレイド復讐編は、

web小説版では、ものっそいアッサリと終わってて

正直ほとんど内容覚えていないくらいに残念だった記憶しかなかったので

今回の漫画版でもそんなに盛り上がるところはないだろうと

感想除外するつもりだったのですが、予想に反して結構面白い・・・

ってわけで、やっぱり感想やっちゃおうと思ったのでした。

 

続きを読む

やってきた恵方巻シーズン

てわけで恵方巻シーズンがやってまいりました。

 

一部ではなんか否定的な声もありますが、

自分は素直に周りの流れにのっておいしく頂いております。

若干高いけど一年に一度だし、普通に美味いしねぇ。。

 

ちなみにセブンイレブンにいって買ってきたわけですが、

なんか三種類あって、その中で一番値段が高い、

海の幸が充分に詰まったってやつを省いた

残り二種類のものを買ったわけですが、後になってみると

その省いた一番高いやつが気になってくるという、優柔不断なハート・・・

 

てか、なんか事前に予約受付とかそういう張り紙を

ちらほら見かけたりしたのですが、

毎年余って困ってるとか言われているやつに

わざわざ予約する必要があるのかなと、毎年疑問になっております。。

現に自分が上記のセブンにいったとき、

仕入れ直後だったのか三種類合わせて30~40個くらいあって

なんかちょっと生暖かかったという・・・

その点を踏まえてみると、一応売れてはいるが

それ以上にめちゃくちゃ作りまくってるって感じなのでしょうか。。

何故にそこまでしなさる・・・いや、

こっち側としては安定して入手できるから、有難いっちゃ有難いのだけど。。

前期2019年秋アニメの感想

ちょっと出遅れた感はありますが
去年末までやっていた深夜アニメの話・・・

 

前期のアニメをいろいろ見てはいたのですが、

その中の『慎重勇者』のラストにかけての盛り上がりが

かなりインパクトあって、他に見ていたアニメが

若干霞んでしまって、何を見ていたのかちょっと思い出せなくなっている始末・・・

 

一番・・・といっていいのだろうか、

とにかく今回はこの慎重勇者が妙に印象に残っています。

サブタイに『俺TUEEEE』とかあるので

一見よくある異世界無双ものの話だと思ってて、

実際8~9話辺りまでは無双していたのですが、

この異世界アニメは敵側のボスが主人公以上に強くて

しかも用意周到な一面もあってかなり手強い設定になってたので

最期は主人公の自己犠牲で世界を救うという、

異世界無双系のジャンルとしては逆に珍しいラストでした。。

 

大抵の異世界ものの主人公側は強さがチートで頭もキレる

完璧超人というのがセオリーとなってるのに対して

敵側は大抵弱い上に頭も悪いってのがお約束になっているので

もうガンガンやっつけ放題、ハメ放題で

全く苦戦する要素もなくサクサク無双をして

その爽快感を楽しむというものだったので、

主人公が自己犠牲になる必要とか、まずないのです。

でも今回の敵側の方が強い慎重勇者ではそれをやってくれたので

いい意味で期待を裏切られてかなり印象に残りました。

しかも話もよくて、不覚にも感動して泣けましたのです。。

 

あと次点で印象に残ったのは『この音とまれ!』でしょうか。

こっちも最終回にいくまでの過程で、

何度か心に響くシーンがあって普通に感動するいい話でした。

ただ、原作ではこのアニメの最終回以降も話は続いているのですが、

この最終回で、次の展開の余韻を残す事になりそうな

晶のおばあさんとかずさの妹の出番を完全に削って

なかったことにしていたので、恐らくアニメでは

この最終回で完全に終わらせる方向をとったのかなぁと、思ったのでした。

なのでもう恐らく二期はないんだろうなと・・・

まあでもアニメスタッフさんの頑張りで上手いこときれいに終わったので、

自分的にはそれでもいいかなと思ったり。。

 

あとは・・・12月上旬の結構早いタイミングで終わった

ドクターストーンも、正直いっていい話でしたね。

こっちはあらかじめ二期が確定していて、

ちゃんと次の話の布石も残していたので、次も楽しみにしております。

 

というわけで以上、あんまり面白みのない感想で申し訳ありませんが

 前期のアニメの総括感想でした。